Author Archive

新しい恋を探す

元夫と復縁したいという思いを抱えていても、離婚後状況は変化していきます。
例えば、相手に恋人が出来たり、新しい恋を探すことに積極的になっている場合、復縁を行うことは難しくなってしまいます。
恋人がいるということは、過去の結婚生活が過去のものとなっていることを表していますし、別の恋を探しているという場合にも、過去を振り返らないという意思表示になってきます。
この状態で、復縁しようとするとき、並大抵の努力を行わないといけません。
また、相手に働きかけてもその効果が見込めない場合には、復縁を諦め、自分自身も別の恋を探す気持ちへと傾いていくことになります。
お互いに、相手への関心を失ってしまうことで、さらに復縁できる可能性が狭まってしまうのです。
どうしても相手と復縁を行いたいと思った時には、相手が恋を探すために動き出さないようにうまく阻止をしていく必要が出てきます。
例えば、離婚後にこまめに連絡を取り、密接な関係を保つように努力を行うことで、とりあえず恋を探すことを一時中断させることができますし、自分に関心を向けさせることで、復縁できる可能性も高まってくるのです。
もう一度やり直したいときには、このような努力も必要となってくるでしょう。

元夫の周りを見てみる

元夫との復縁では、相手の状態をこまめに詮索しておく必要があります。
復縁を行いたいと希望した時でも、相手の状況によっては新たな対策を考えることになってきます。
離婚後、生活も一変してくることになりますが、独身になったことで、ほかの女性からアプローチされる可能性も出てくるのです。
とくに、異性に良くモテるタイプであった場合、離婚した後早い時期から他の女性の影がちらつくようになってきますので、その状況をチェックしておかなければなりません。
万が一、ほかの女性に心が傾いてしまえば、復縁できる可能性も非常に少なくなってしまいますので、この点には目を光らせるようにしましょう。
また、生活が離婚間よりも激変してしまった時、それに伴って性格も変わってしまう場合もあります。
以前は、つつましやかな生活を送っていたものの、離婚後華やかな生活に変化していくケースも存在しています。
とくに、転勤などで地方から都心に引っ越した場合、以前の価値観から変化してくる方もいますし、便利で華やかな生活により、昔の妻のこともすっかり忘れてしまうこともあり得るのです。
このように、状況が変化することでも復縁の可能性が変化してきますので、その状態に目を光らせておく必要があるのです。

他人の意見に依存している

元夫とやり直したいあまり、他人に依存してしまうと、復縁できる可能性も限りなく低くなってしまいます。
復縁についての悩みを感じた時、占い師に頼って状況を好転させようと考える方も存在しています。
話を聞いてもらうことで、悩み解消を行うことができますし、これからどのように動いていけばいいのか理解できるようになると思ってしまいがちなのですが、占術をおこなっても、将来は見えてきません。
占術を利用することで心強くはなるのですが、その結果には何の根拠もありませんし、非科学的な言葉に従ったとしても、元夫の心を見ることはできないのです。
復縁したいときに、相手の心を見るのではなく占術に従って行動してしまえば、逆に元夫の心も離れて行ってしまうでしょう。
本当に復縁したいと願った時には、専門のカウンセラーに相談することが大切です。
とくに、復縁であったり離婚に詳しいカウンセラーは、元夫の性格や離婚理由などを詳しく聞き取ったうえで、有効な対策法についてアドバイスしてくれますので、相手の心に働きかける行動をとれるようになってきます。
人から言われたとおりに行動するのではなく、アドバイスをもらいながら自発的に考えていくことが重要です。

元夫と復縁する場合の問題点について

家族04元夫と復縁する場合、関係をやり直したとして、その後上手く生活を行っていけるのかも問題となってきます。
離婚したということは、関係を維持していくことができないほどの明確な理由があったということになります。
その理由について、乗り越えていくことができれば問題はないのですが、問題解決を後回しにして感情的な部分だけでやり直しても、あとからその問題で関係がこじれてしまう可能性もあるのです。
せっかくやり直したとしても、あとから関係がこじれてしまうことにより、結局やり直した時間が無駄になってしまうのです。
さらに、子供がいる時には子供が障害となってくる場合もあります。
元夫の暴力であったり浮気など、明らかな非がある場合、その状態も子供が理解していますので、再婚することに反対される可能性もあるのです。
とくに、結婚生活が不幸なものであったり、子供の年齢が高かった場合、その状況をしっかりと覚えている状態になりますので、やり直すことを伝えた時、大反対されてしまうことも出てくるでしょう。
離婚した責任として子供の意見を最優先にしなければなりませんので、万が一やり直すことに反対された時には、その意見に従うしかなくなってしまうのです。

1から妻と幸せな家庭を作りたい

離婚した後も、夫が妻に復縁を迫るケースがあります。
これは、大抵は夫が有責で離婚した場合であり、元嫁は新しく生活を始めようとしていても、夫のほうが未練があり、どうしてもやり直したいと希望するものです。
離婚前の幸せな家庭に戻りたいと願い、元嫁に訴えますが、ほとんどは夫が悪いので、どうしようも無いようにも思えます。
しかし、元嫁も心の片隅にやり直したいという気持ちがある場合には、もう一度夫婦として生活することが可能なこともあります。
夫が心から元嫁に謝罪して、不倫などの場合には、不倫相手ときっぱりと別れることが大事です。
不倫も家庭も続けたいという願望がある場合には、やはり復縁は無理でしょう。
けれど、どうしても復縁が難しいこともあります。
それは夫の借金などの金銭問題です。
お金が絡むとどうしても復縁はややこしくなります。
特にギャンブルなどで借金を作り、仕事もしなくなったりした場合には、復縁はほぼ無理だと言っても過言ではないでしょうか。
家庭を作るということは、ある意味では忍耐力が必要です。
ギャンブルはしたいけれど、子供を作って幸せな家庭を作りたいという場合には、きちんと自分でルールを決めなければいけません。
好きなだけギャンブルをして、仕事もしないのはただの甘えです。
夫は家庭を守ってこそ、一家の主と言えるのです。

シングルマザーの大変さ

惹かれあって結ばれた夫婦でも、家族となり長い年月が経つと、ちょっとした些細な行き違いからけんかになってしまうことも多いでしょう。特に子供が生まれると、予定外のことも次々と起こり、子育てと家事で自分のことを顧みる余裕もなくなり、夫に対して不平不満も増えていくことが多いです。気持ちの余裕がないと人間はストレスがたまり、言動にもとげとげしさが出てしまうものです。こうなれば男性側も、仕事の大変さと相まってお互い相手を思いやる気持ちがなくなり、家族が増えたにもかかわらず亀裂が深まり、夫婦関係が破たんしてしまう例も少なくはないようです。しかしシングルマザーになって仕事と育児の両方を経験すると、経済的な支えがあった生活のありがたさというものが身にしみてわかるようになり、復縁したいと思い始める女性も多いようです。人は一人では生きていけないものです。縁あって家族になり、お互いの血を分け与えた愛しい我が子が誕生したのであれば、離れるべきではありません。お互いが譲り合い歩み寄れば解決できる問題なのであれば、その努力はするべきです。子供は夫婦二人が作った宝物です。その為にはお互い協力し、自分の役割を果たすことが家庭を円満に守っていく秘訣です。

想像を超える1人の寂しさ

近年、離婚率は上昇し、熟年離婚、成田離婚といった言葉が生まれてきました。長く同棲をしていても、結婚後うまくいかず別れる夫婦や、長年連れ添った夫の退職を機に、常に一緒にいることに嫌気がさしてしまう夫婦など、その理由は様々でしょう。
しかしながら、離婚をしてしばらくしたあと、復縁という選択肢を選ぶ人達もいます。

離婚の理由は100の夫婦がいれば100通りあります。中には、どちらかは離婚をしたくなかったけれど、相手に迫られ仕方なく判を押した人もいるのではないでしょうか。しかし、隣にいることが普通だった日常から突然一人になった時、想像していなかった寂しい気持ちにおそわれることがあります。家に帰っても誰もいません。面白かった話やびっくりしたこと、嫌なことを共有してくれる人はそこにはもういません。また、経済的にも不安定になることで、離れてみて如何に相手に精神的・経済的に頼っていたか気づくこともあるでしょう。
それでも、結婚の何倍も大変といわれる離婚を経験して、すぐに復縁というわけにはいきません。またな同じことを繰り返すかもしれないし、そもそも相手には復縁したいという気持ちが全くないかもしれません。
しかしながら、相手も自分と同様に寂しさを抱えていた時には、少しずつ話しあいながら、再度夫婦になるという選択肢を選ぶことは不自然なことではありません。離婚の前には想像もしていなかった寂しさに直面し、近すぎて見えなかった相手のことを考え直したときに、その瞬間はやってくるのでしょう。

会えなくなった子供にあいたくて

家族03夫婦が別れたものの復縁したいと思う場合もあります。
子どものいる方の場合でしたら子供と一緒に暮らしたい、会いたいために復縁をすることもあるのです。
離婚をしますと夫婦は離れ離れになります。そして親権を得ていなければ一緒に暮らすこともできません。
時々会うことができるものの同居しているのとしていないのとでは大きな違いがあります。そこで復縁をしようと思うのです。
復縁をするということは子どもにとってもメリットがあります。
子どもにとっての両親とまた暮らせるからです。もう寂しい思いをすることもありません。
子どもが間にはいってくれたおかげで復縁できたという元夫婦も中にはいらっしゃいます。
一度離婚をするとお互い頭が冷えて冷静になると思うのでもしもこのような話が出たときには受け入れてみるのもいいでしょう。
自分のほうから復縁をしたいと思った時には復縁の気持ちがあるということ伝えてみてください。
もしも何か大きなことが原因で別れたのであればそれを解消しなければいけません。
子どものことを考えるのであれば復縁を考えるようにしてください。
子どもがどのようにすれば幸せになれるのかを考えることが元夫婦にとっては大事なことです。

復縁したくなる理由について

家族02人は誰もがたった一人きりでは生きてはいけないものです。そのような交わりの中で友人や家族や同僚に支えられ、やがて最愛の人を見つけて交際がスタートし、その果てに結婚というゴールが待っています。しかし愛する人との関係性にも影が差す瞬間はいくらでもやってきます。お互いの愛情が冷めてしまったり、今の現状に飽きてしまったり、あるいは浮気や裏切りなどで相手の気持ちを著しく傷つけてしまったり。そういった問題が発生した時に、その最愛の関係性は終止符が打たれたり、あるいは何とか乗り越えてもとの形へと修復を遂げていったりすることになります。

しかしながら、人間という生き物は自分の手のひらからこぼれ落ちて失ったものほど、後から想起した時に「大切なものだった」と後悔を募らせてしまうものです。つまるところ、一緒にいた時にはその相手や愛を比較する材料がないために相手への文句などもハッキリと口にしたり、現状をリセットしたい気持ちに駆られるものの、しかし、いざそれがリセットされると、失った相手や愛といったものを比較的距離をおいて冷静に見つめることができるようになります。そのため自分の決断の愚かさについて身にしみる程理解出来るようになるというわけなのです。

こうしたことを理由に多くの人が復縁への道を希求して、専門の恋愛相談会社などに救いの手を求めています。一人きりでは現状は何も変えられませんが、多くの人の助けを借りることで大きな効果が得られるはずです。